美容整形と美容形成の違いはどのような点か

美容整形と美容形成の意味

美容整形という言葉を聞いたことがある人が多いかもしれませんが、それと似た言葉に美容形成という言葉があります。この二つは非常に発音が似ていますので、同じものではないかと勘違いしている人もいますが、少し異なります。まず美容整形は審美的な面を意識して手術をすることです。つまり、女性などが美しさを求めるために鼻を高くしたり、顎削ったり、目を二重にしたりすることです。
これに対して美容形成は、交通事故などで顔に大きな傷ができてしまった人に対して、傷を目立たないように手術をすることをいます。どちらも似ているように感じますが、目的が大きく異なります。
この目的が異なることにより、美容整形と美容形成には違いが生じます。

ふたつの違いは保険がきくかどうか

美容形成と美容整形の大きな違いは、保険がきくかどうかです。美容形成の場合は保険が利きますが、美容整形の場合は審美的な部分を変化させていくことになりますので、保険は利きません。そのため美容整形は100万円前後で行う人が多いのが特徴になります。
知っておくと得をすることは、わきがの治療や生まれつきのあざをなくすには、美容形成でも美容整形でも手術することができますので、安く治療したいのであれば美容形成の方にお願いをするとよいでしょう。一方、美容整形で行っていることは、美容形成で行うことはできません。
医師については、美容整形外科と美容形成外科は基本的に医師の資格は変わりません。美容形成をやっている先生が美容整形外科になることがあります。

フォトフェイシャルの施術に申し込みをするにあたり、実績のあるクリニックの医師や看護師などにサポートを依頼することが良いでしょう。