血液クレンジングってどんなことをやるの?

血液クレンジングのやり方

血液クレンジングはまず自分の血液を採取するところからスタートします。そしてその採取した血液に酸素を加えて、それを体に戻します。酸素の量は多ければよいという訳ではなく、その人に合った量の酸素を測定して加えます。すると黒くなった血液がきれいな赤に変わります。この治療法はに日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパ諸国では広く認知されています。中には専門の病院もあり、がん治療にも応用されていることからスタンダートな治療法であることが分かります。

血液クレンジングの効果

酸素を加えて活性化した血液を体に戻すと、冷え性を持っている方だと体が暖かくなるのを実感することができます。またその酸素が体中に運ばれるので、足先や目にまでもその効果が出てきます。効果には個人差がありますが、初めての治療で視界がはっきりすることも多いです。特に健康維持をしたいという方に関しては、1~2週間に一回血液クレンジングをすると良い状態をキープできます。風邪への免疫力のアップも期待できるため、健康状態を保つのに効果的と言えます。

血液クレンジングは治療を繰り返すことでより効果が得られます。とくに慢性的な腰痛などは、繰り返し治療することで痛みが和らぐことが多いです。

ドロドロの血液をサラサラに

血液クレンジングをすると、ドロドロの血液をサラサラにする効果もあります。この効果は特に血液のドロドロ具合が進んでいる方に効果が高く、血液検査をしてみるとその効果は明らかです。この効果は約2週間ほど持続します。

血液クレンジングの効果の現れ方は、人それぞれの体質や生活習慣に影響を受けやすいため、主治医と継続的に相談をする必要があります。